19 ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック

頭頸部外科/気管食道外科/耳鼻咽喉科/小児耳鼻咽喉科/アレルギー科
予約システムで細やかな診療が受けられる。
笑顔あふれる手厚いケアで地域医療に貢献。

医療法人エターナル ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック

南さつま市加世田本町
TEL0993-53-3387 FAX0993-53-3055
http://www.fukuiwa-clinic.com/


様々な検査機器で総合的に診断、予約システムで待ち時間を解消

 鹿児島大学附属病院の耳鼻咽喉科で、頭頸部外科や気管食道外科の治療(舌がん・咽喉頭がん・唾液腺がん・甲状腺がん)にあたってきた福岩達哉院長が平成20年に開業したクリニック。福岩院長は、大学病院で腫瘍切除と再建手術を手がける中で、早期発見・早期治療の重要性を実感。さらに「地方で暮らす患者さんが地元できちんとした検査や治療が受けられるようにしたい」との思いもあり、生まれ故郷の南さつま市加世田にクリニックを構えた。
 0歳から100歳まで幅広い患者さんが訪れるため、患者さんのプライバシーとホスピタリティを第一に考えて、診療室は個室になっている。カウンセリングや補聴器外来も個室で行う。症状や必要な検査・治療についても内視鏡画像や電子カルテを使って丁寧に説明してくれるのでわかりやすい。しかし、細やかな説明や検査をするので診療に時間がかかり、他の患者さんを待たせてしまうという事態が発生してしまう。この問題を解決するため、同院は予約システムを導入した。これにより、インターネットや携帯のQRコード、自動音声ガイダンスから簡単に診察順番を予約して待ち時間を有効利用できるようになった。
 診療については、耳・鼻・のど・めまいなどの疾患やかぜの症状全般がメイン。特に頭頸部がんの早期発見・早期治療を目的とし、がん専門施設と同等の診断水準を目指している。見逃しがちなのどの違和感や舌の痛みなど、がんの疑いがある症状を診療する「異常感症外来」では、がんの鑑別診断や異常感症の原因となりうる多くの疾患の精査・診断ができるように努めている。頸部超音波診断装置や分光画像処理FICEを搭載した咽喉頭用電子内視鏡システムを導入しているため、高水準のがん診療が受けられる。全身用マルチスライスCTスキャンは、がん以外にも副鼻腔炎や中耳炎、咽喉頭と深い関わりがある胸部まで検査可能。遠隔画像診断センターを活用し、放射線科専門医によるCT読影補助システムも導入している(遠隔画像診断の料金は同院が負担)。また、福岩院長自身もがん治療認定医の資格を取得していることと、鹿児島大学付属病院や鹿児島市立病院、鹿児島医療センターとも連携して病診連携でサポートする体制が整っている。

子どもの病態も優しくケアする小児耳鼻咽喉科を開設

 中耳炎は子どもが反復しやすい疾患の一つ。中耳炎は、鼻咽腔という鼻とのどのつなぎ目に付着した細菌が中耳と鼻咽腔を繋ぐ耳管を伝って感染し、発症する病気で、子どもは耳管が太く短いために感染しやすい。中耳炎は重症になると、より確実に治癒させるために鼓膜切開をする場合もあるが、同院では、まだ導入している医療施設は少ないというレーザー鼓膜切開装置(OtoLAM)による治療を行っている。
 その他にも副鼻腔炎や低年齢化が叫ばれているアレルギー性鼻炎など、子どもを取り巻く疾患は様々。小さな子どもは自分の不調をうまく伝えられない上に、それらの疾患は小児と成人の病態が異なるため、診断が難しい。そのため、同院は「小児耳鼻咽喉科」を開設。内視鏡などを使い、子どもの心に寄り添いながら総合的に診断できるように努めている。院長は「子を持つ親の気持ちを忘れずに診療したい」と話す。

つらいアレルギー性鼻炎には、薬物療法や日帰り手術で対応

 スギ花粉やハウスダストなどが原因となるアレルギー性鼻炎の治療にも積極的に取り組む福岩院長は、日本アレルギー学会認定の専門医資格(耳鼻咽喉科領域)を2011年に取得している。薬物療法の他、鼻粘膜を焼灼することによってアレルギー反応を阻止するアレルギー性鼻炎の日帰り手術も行なっている。ただし、花粉症の場合は、花粉の飛散時期(スギは2〜4月)には受けられないそう。詳細は気軽に相談を。

fukuiwa-keisai

掲載ページ

fukuiwa-2

ナチュラルモダンな雰囲気の同院。広々とした駐車場も完備

fukuiwa-3

一面ガラス張りで明るく清潔感たっぷりの待合室

fukuiwa-4

予約システムは世代問わず利用しやすくなっていて、スムーズに診察を受けられる

fukuiwa-5

深層の病変を検査する全身用マルチスライスCT。患者さんが画像を確認できるモニターは診察室にある

fukuiwa-6

鼻やのどを観察する電子内視鏡システムで、見つけにくい小さながんの早期発見を目指す

map19